*シェフが教える『いつもとちょっと違う筍の使い方』*

おすすめの食材

八百屋さんの店頭に朝採りの瑞々しい筍がたくさん並ぶ季節ですね。

出始めは、わー!もう筍!春だねー!嬉しい!と思いますがそのうちご近所さんから頂いたり、実家から送られてきたりと・・ちょっとうんざりなんてことにも。

美味しい!けど・・・メニューが偏りがち

筍を使った料理を考えるとやはり、定番の筍ご飯、煮物、天ぷら、お味噌汁に入れてみたりなどなど・・後は中華になっちゃいますね。

レパートリーが増えれば”うんざり”なんて事も解消!!そこでたまには、イタリアンはどうでしょう?メニューの偏りもなくなのではないでしょうか!

下処理した後にする”もうひと手間”

米糠・米のとぎ汁でしっかりとアク抜き・下茹でした後

竹の子自体に味ってあまりないので、チキンブイヨンと古くなったベーコンや生ハムなど(味が出るもの)と一緒に洋風の含み煮にしておく事をお勧めします。

そうする事によってブイヨンの味が染みて、美味しくなります。

好みの大きさにカットしてパスタにいれてみる。

パスタ+筍。かなりの数のレパートリーが増えると思います。味の主張が少ないので何にでも合うと思います。

*筍と辛いトマトのスパゲティーニ アラビアータ* <1人前>

  • ニンニクみじん切り    1かけ
  • タカノツメ        1/2本
  • エキストラヴァージンオリーブオイル 20cc
  • 筍            好きな切り方ですきなだけ
  • トマトソース       80〜100cc
  • スパゲティーニ      80g (大盛り100g〜)
  • 塩            適量
  • パルメザンチーズ     適量

グリルまたはフライパンで焼いてお肉の付け合わせにしてみる。

*若鶏と朝採れ筍のグリル 木の芽の”ジェノベーゼ”* <1人前>

  • 若鶏もも          100g
  • 筍             好きなだけ
  • 塩胡椒           適量
  • にんにくみじん切り     適量
  • ローズマリー        適量
  • バルサミコ
  • 木の芽のジェノベーゼ
  • フルーツトマト
  • ルッコラセルバチコ

まとめ

今回は2品の紹介ですが、ご要望があれば、もっとたくさんレシピ出したいと思います。

この食材はこうしなきゃいけないとか、固定観念に囚われがちですが、料理は自由で無限です。新しいものにチャレンジして楽しい食生活を送っていただきたいです。楽しい毎日を!

質問等ありましたらコメント欄にお願いします。今日もありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました